※では残りのどうしてもとれないというものは?
【1】クリーニング屋さんの技術の差によりシミの種類を誤ったり、シミ取りの手順を誤ったため、とれるシミも取れなくなってしまった場合、もっと困るのは、そのシミをさらに乾燥機などによる熱処理を行い、生地に固着させてしまった場合

【2】残りが技術の差をもってしてもどうにもできない製品に起因するもの
A.生地・素材の関係で扱えない、もしくは扱える限度がある場合
B.生地には問題ないが、製品の染めの強さ(染色堅牢度)のため扱えない、もしくは扱える限度がある場合

新着情報

2014/04/01 シルバークリーニングYoutube動画広告確認

詳しくはこちら
|◀ 1 2

シルバークリーニングサービスのご案内